アプリケーション開発ライフサイクル

コンピュウェア製品は、メインフレームに俊敏性を提供し、DevOpsライフサイクル全体でアプリケーション配信の速度を高めつつ、開発者の生産性やコードの質、アプリケーションの性能、テストデータの質と機密性を改善します。

Analyze

Topaz for Program Analysisを使用して、複雑またはなじみのないプログラムについて迅速に理解し、
信頼できる文書の有無にかかわらず自信を持って変更を行うことができます。

Mainframe Agility | DevOps | Mainframe Application Development

Topaz for Program Analysisからのオンデマンドのランタイム視覚化により、プログラムコールの実際の順序や、ファイルやデータベースのI/Oが表示されます

  • 視覚化を保存、再生、比較する機能が含まれます
  • ソースコードは不要

オンラインプロジェクトで、プログラムを論理的なサブセットにグループ化することができます

  • 呼出し元や呼出し先の情報やコピーブックの参照など、プログラム全体の関連付けについての重要な階層情報を入手
  • 変更前にその変更の全体的な影響を分析
Mainframe Agility | Data Quality | Mainframe Application Development

特定のプログラムを編集する際、掘り下げた分析情報も利用可能

  • 動的に生成されたプログラム構造チャートが含まれることにより、COBOLプログラムまたはPL/1 PROC内のプログラムのロジックを視覚的に表示
  • 一意のデータフロー図で、プログラム内の変数に情報がどのように流れるかを表示

Edit Data and Code

見た目や操作感が共通で統一されたエディタであるTopaz for Enterprise Data’sでデータを編集することにより、プログラマーは
データの種類について心配する必要がなくなり、データの内容に集中することができます。

DB2やIMS、MVS、SQL Server、Oracle、Sybaseデータ用の共通のエディタ

  • ファイルやデータを1回のドラッグアンドドロップで迅速にコピー可能
Data Quality | Mainframe Agility | Mainframe Application Development

Topaz Workbench と同じEclipse環境でコードを編集することで、メインストリームの開発者は
作業中にCOBOLのコードの質を改善、検証できます。

Mainframe Agility | DevOps | Data Quality

自動完了や構文拡張などの機能により、開発者の生産性を改善

  • Eclipseベースのインタフェースにより、クロスプラットフォームの開発者はメインフレームのコードをより効率的に学びサポートできるようになります

Topaz WorkbenchSonarLintの統合により、開発者はTopaz Workbench内で、また開発のライフサイクル全体で、直接コードの質を確認し基準に順守することができるようになります

  • 迅速な品質チェックにより、開発における問題の修正が難航し費用がかさむようになる前に、問題を解決できます
  • コードの複雑さが最小限にとどまり、以後のコードの保持やトラブルシューティングが簡単になります
DevOps | Data Quality | Mainframe Application Development

Build

慣れ親しんだEclipseベースのインタフェースにより簡単に素早くアプリケーションのテスト環境への配備や本番環境への導入が実現します。

変化を加速し質を改善

  • ISPWでは、Generate(生成)をクリックするだけで正しいコピーブックが開き、プログラムのコンパイルを行い、正しいライブラリにリンクします
  • 見えないところで、ISPWは標準JCLを使用してコンパイルとリンクを開始します
  • アプリケーションのライフサイクルのすべての段階において、同期化と可視性、統制を改善

Test

アプリケーションの開発ライフサイクル全体を通して質を検証し、効率的、効果的かつ安全なデータを使用してテストを行います。TopazをSonarSourceとJenkinsに統合することで、開発者に向けたCOBOLコードの質についての瞬時のフィードバックと、管理者に向けた品質の全体表示を可能にします。

Data Quality | Mainframe Application Development | Mainframe Agility | DevOps

テストデータのニーズを分析

  • Topaz for Enterprise Dataのデータ関係性可視化機能を使用して、アプリケーションのテストにどのデータが必要かを簡単に決定
  • データ関係性の可視化は、どのデータをテストデータに含めるかの理解に役立ちます

機密データを保護

  • Test Data Privacyを使用して、プライバシールールを定義し、適用したルールを使用して抽出仕様を実行し、機密解除したテストデータを作成することで、機密データを特定、保護します
  • 同じプライバシールールが、z/OSファイルやDB2の表、IMSセグメント、配信されたデータベースやファイルのデータに適用されます
Data Quality |Mainframe Agility | DevOps
Data Quality | Mainframe Agility | DevOps

継続的な統合努力によりJenkinsを活用

  • Topaz for Program Analysisは、品質管理のためSonarQubeと、また継続的な統合のためJenkinsと統合し、組織が品質基準を満たしつつ、迅速にアプリケーションを配信する支援を行います

傾向を表示し、問題点を明らかにし、統合されたコードを検証

  • 静的分析は、PDSやEndevor、ISPWからJenkinsを通じ自動的にプロジェクトソースを更新して行われます
  • チームの責任者や管理者は、コードベースがどのように進化しているかを全体的に把握し、品質の傾向や進捗を理解できます
Mainframe Application Development | Mainframe Agility | DevOps | Data Quality
Mainframe Application Development | Mainframe Agility | DevOps | Data Quality
  • 異なる部署や技術全体に渡り、問題点やホットスポットをまとめ、簡単に表示することができます
  • 豊富なダッシュボードを使用するメインフレームアプリケーションの開発活動により、個人やチーム、プロジェクト指標を可視化します。

Debug

Topazと、Eclipse対応の強力なメインフレームデバッガであるXpediterを使用して、アプリケーション開発の速度を高め、コードの質を改善できます。

インタラクティブなデバッグセッションを迅速に開始

  • アプリケーション機能を直感的に理解できます
  • Eclipseベースのなじみのある共通インタフェースから、データの停止/開始、表示、論理フローの監視、レビュー、変更、プログラム分析が可能に
  • 次々に変数値を変えてプログラムフローを変更することで、シナリオをシミュレートする厳しいテストを行います
Mainframe Application Development | Mainframe Agility | DevOps | Data Quality

Deploy

コードを本番環境に導入する準備が整ったら、コードは簡単に同期し、モバイル機器を通じて迅速に承認が得られます。

Mainframe Agility | Data Quality

ISPWを使用して、オブジェクトを同時に配信しメインフレームを複数の環境に配備し、アプリケーション全体を同期することができます

  • エラーが見つかった場合、すべての変更を同時に元に戻し、有効な以前のバージョンに置き換えることができます
  • すべてのソースは、現在導入されているコードに合わせ同期します
  • コードのチェック後、モバイル機器からでも素早く簡単に承認を行うことができます
ISPW_mobile_phone

Monitor

StrobeはCPU使用率のピーク期間を監視し、 4時間ローリング平均(R4HA)で最も寄与率の高いジョブを特定します。

Mainframe Agility | DevOps

将来的に問題を起こさないことを確認するため、ジョブをチューニングし、その後さらに監視することができます。、。 

  • SMF Global Monitoringは現在および4時間ローリング平均でMSU消費およびCPU使用率の高いアプリケーションを把握します
  • Batch Global Monitoringは、選択したジョブの消費時間とCPU時間を把握し、しきい値を超えた場合には自動的に測定を開始します
  • オンラインのCPU使用率が一貫して高い場合、期間中の測定スケジュールを作成します

  • R4HAのピーク期間で寄与率が最も高いジョブを特定します
  • Strobe Insight Reportから直接測定を開始し、CPU使用率の高さの根本原因を特定します
Mainframe Agility | DevOps | Data Quality

Audit

アプリケーションの監査と監視を行い、セキュリティとデータの完全性を確認します。

Mainframe Agility | DevOps | Mainframe Application Development

社内関係者によるデータ漏洩からビジネスを保護

  • HiperstationのGlobal Recordを使って、アプリケーションが実際にどのように使用されているかについての深い洞察を収集、記録します
  • 情報をSplunkの既存のSIEM機能に追加することで、エンタープライズITはセキュリティおよびコンプライアンス管理業務を一本化することができます

Diagnose

アプリケーションが失敗した場合、開発者は多くの場合、根本原因を突き止める困難なプロセスに見舞われます。

Abend-AID | Mainframe Agility | DevOps | Data Quality

  • Topaz WorkbenchAbend-AIDは問題解決に不可欠な情報を収集し、業務を初めて行う担当者や最も経験の浅い開発者におあつらえ向きのウェブベースのアクセスを提供します
  • 情報収集にかかるオーバーヘッドは非常に少ないため、本番環境でのスループットやMIPS使用率への影響は最小限にとどまります

Tune

Strobeを使用して、過度にCPUを消費するプログラム文を明確にすることで、組織は多大な時間と費用を節約することができます。

Mainframe Agility

  • 過度のCPU時間またはウェイト時間の原因となるSQLステートメントとDB2システム・サービスを特定
  • モジュールや制御セクション内で使用されるリソースやCPU時間の比率を表示し、手順の名称や記述の番号、ソースコードのすべての行を表示

Feedback

パフォーマンスの問題や失敗が特定された後、業務チームは開発チームにフィードバックを行う必要があります。

Data Quality | DevOps | Mainframe Application Development

修復リクエストを迅速に把握

  • iStrobe(ここに表示)またはAbend-AIDウェブビューアレポートを1回クリックするだけで、新たな修復リクエストが送信できます

問題のログ作成を自動化することで、問題を開発プロセスで管理可能に

  • JIRA ソフトウェア統合により、診断データを自動的に収集し、JIRAの問題についての状況ごとの洞察を保存します。
Data Quality | DevOps | Mainframe Application Development
Mainframe Agility | Data Quality | DevOps

必要な情報を使用して、デバッグセッションを開始

  • リクエストがTopaz Workbenchに送信されると、開発チームは、問題の再現、デバッグ、そして最終的には修復に直ちに着手することができます