データ管理

IT組織では、新規または機能強化されたアプリケーションを本番稼動する前に、信頼できる現実的なテストデータで実行することが必要です。データを本番データベースから抽出することは、安全上問題があることに加え、ファイルサイズが大きいため余計なテスト実行時間が必要になり、高コストで不足がちなCPUを消費します。また、データの機密性を保護するための厳しい規制により、企業は個人を特定できるデータを保護することを強いられています。データの機密性を保護するために適切なテストデータ管理を行わなければ、企業はデータの漏えい、窃盗、制裁金のリスクにさらされます。

コンピュウェアのデータ管理ソリューションは、業界を代表するFile-AID製品を活用し、テスト環境と本番環境の両方に最適化されたテストデータを提供し、以下を実現してデータの機密性を完全に保護します。

  • テストデータ作成の簡易化
  • すべてのメインフレームテストの条件が満たされていることを保証
  • テストデータをマスキング、翻訳、生成、熟成、分析、および検証することによって、機密データを保護
  • レコード長や形式に関わらずすべて標準ファイル形式で作業

インフォグラフィック

Mainframe history | Mainframe | ibm SystemZ | z13 software | Big Data Management