サイバーセキュリティのリスクを防ぐため

メインフレームのユーザアクティビティを完全に可視化する

アプリケーション監査ツールの導入

詳細はこちら

Mainframe DevOps | Mainframe developer | Mainframe Software

開発者の開発手法を変える

最近の調査によると、新事業への取り組みの大半(常に:57%、時おり:39%)がメインフレームに関わっています。貴社のDevOpsとメインフレームチームは、増加するデジタルアクティビティーに対応し、より早く質の高い結果を出す準備が整っていますか?

コンピュウェアのアジャイル/DevOpsソリューションは、熟練スタッフと新人スタッフが俊敏性、効率性、精密性をもってメインフレーム関連のタスクが行えるよう支援を行うことで、エンジニアの開発手法に変革をもたらします。また一般的な主要ツールと統合することで、メインフレームと非メインフレームチームがプラットフォームを越えて協力し合うことを可能にしました。

コンピュウェアは、貴社のDevOpsチームへ、効果的にソースコードを制御し、文書化が不十分であっても全アプリケーションで操作可能な、性能上の障害を排除できるツールをお届けします。

コンピュウェアが

アプリケーション分析

次世代メインフレームユーザが複雑で馴染みのない文書化が不十分なプログラムをオンデマンドなランタイムの可視化により理解できるようにすることで、エンジニアの生産性を改善

アプリケーションのデバッグ

アプリケーションの理解やデバッガーによるコード品質の改善に必要なものは全て、理解しやすい単一のインターフェイスで提供されるべきです。

アプリケーション・パフォーマンス管理

過剰なCPU消費を引き起こす非効率な箇所を特定するためのアプリケーション性能分析により、関連部署はハードウェアとソフトウェアの費用を削減す

コード品質

メインフレームアプリケーションの開発サイクルの基準に従い、コード化の方法により決定された即時のフィードバックを行うことにより、コード品質を改善します。

データ管理

データの安全性を改善するのと同時に、貴社が、新たに、または更新されたプログラムを本番環境にローンチする前に、信頼のおけるテストデータが使われているかを確認してください。

アプリケーション開発ライフサイクル

DevOpsライフサイクルを活用するためにデザインされたツールを使って、アプリケーション開発と納品の速度を高め、メインフレームの俊敏性に向けての道を切り開くことが可能です。

メインフレームの開発者の生産性

次世代開発者に現代的な文化、より直感的なプロセスと馴染み深いツールを提供することで、メインフレーム開発者の生産性を高めるためのステップを踏み出しましょう。

IMS仮想化の技術を支援

費用がかさむIMSインスタンスを新たに作ることなく、複数の仮想IMS環境を迅速に展開し、IMSシステムの開発とテストにかかる時間、費用、技術的なハードルを削減

メインフレームの近代化

貴社のメインフレーム環境に近代的な開発ツールを導入して、主要なアプリケーションとデータをアジャイル/DevOpsのプロセスに取り入れるための最初の一歩を踏み出してください。

ISPWによるソースコード管理

アジャイルなソースコード管理、自動化のリリース、デプロイメントにより、ビジネスの要求を満たし、コード品質を適正化し、開発者の生産性を高めましょう。

テストデータプライバシー

テストデータの故意または過失による不正使用の危険性がある環境から極秘データを保護するための個人情報保護の強化、データ漏えい防止、管理業