Compuware Strobeは、メインフレーム アプリケーションを対象とした、業界をリードするアプリケーション パフォーマンス監視および分析ソリューションです。Strobeを使用することで、IT部門は、CPUの過剰消費の原因となっているアプリケーションの問題を特定し、顧客満足度を高めながら、ハードウェアとソフトウェアのコストを削減することができます。

主な特長とメリット

  • ユーザコードの効率やトランザクション レスポンスタイム、スループットを改善。
  • リソースを浪費するデータベースの呼び出しを特定、改善。
  • アプリケーションが非効率になっている原因をピンポイントで迅速に特定。
  • 過度のCPU時間またはウェイト時間の原因となるSQLステートメントやDB2システムサービスを特定。
  • 各SQLステートメントのカタログ統計とGET PAGE要求数を含む、詳細なDB2チューニング情報の取得。
  • グラフィカルなインターフェースを利用した簡単なナビゲート機能により、メインフレームのパフォーマンス問題を迅速に検出。
  • PurePath for z/OS CICSとの統合により、アプリケーション デリバリー チェーン全体をトランザクション レベルで可視化。

アプリケーション パフォーマンス管理の複雑さを低減

Strobeは、複雑な環境でメインフレーム アプリケーションのパフォーマンスを管理する強力なテクノロジーです。単一および複数のシステム環境でオンラインおよびバッチ処理アプリケーションの両方を測定し、アプリケーションの実行中にどこでどのように時間が使用されているか、詳細を報告します。Strobeを使用すると、CPUリソースを過剰に消費しているプログラム ステートメントや、モジュールおよびコントロール セクション内でのCPU使用の割合を明らかにし、プロシージャー名やステートメント番号を表示して、完全なソースコードを提供することにより、調査時間を節約できます。Strobe分析を使用すると、非効率的なDB2 SQLステートメントも含めて多数のI/O問題を特定できます。Compuware iStrobeは、使いやすいブラウザベースのグラフィカル ユーザ インターフェースを加えて、Strobeの利点を拡張したものです。iStrobeでは、SQLステートメントで使用されるアクセス パスや関連するカタログ統計を特定し、オンラインとバッチ処理アプリケーションの両方のアプリケーション パフォーマンスを改善させるのに必要なすべてのデータを提供します。

分散アプリケーションによるメインフレームへの影響を特定

モバイル アプリケーションとデバイスでは、CICSが毎日処理するのに必要なトランザクション数が増えています。分散アプリケーションのコードの不備によるコールの大量発生は、コストのかかるメインフレームのパフォーマンス問題を生み出します。Strobeは、PurePath for z/OS CICSや、メインフレームCICSアプリケーションが提供するトランザクション監視ソリューションと緊密に統合しています。組み合わせたソリューションであるCompuware APM for Mainframeは、相互接続されたシステムとメインフレーム環境にわたる、業界で唯一のトランザクションベースのアプリケーション パフォーマンス管理ソリューションを提供します。Compuware APM for Mainframeを使うと、アプリケーションのパフォーマンス問題が起きている場所と理由を簡単に特定できます。パフォーマンスの低下しているトランザクションの障害要因がPurePath for z/OS CICSによって特定されると、Strobeは、1回クリックするだけで、CICSトランザクションをシームレスにドリルダウンし、過剰なMQアクティビティを含むパフォーマンス問題の根本原因を特定することができます。

障害対策プロジェクトの時間とリソースの無駄を削減

重要なパフォーマンス問題の根本原因の特定に時間がかかりすぎると、障害対策プロジェクトでの多くの時間とリソースが無駄になります。Strobeなら、複数の言語、データベース、遠隔処理サブシステムなどを使用した複雑な環境でも、素早く簡単にパフォーマンス問題の根本原因を特定できるので、責任のなすり合いを回避できます。

メインフレーム関連スタッフの世代交代を実現

経験豊富なITスタッフが退職し、経験の少ない新しいスタッフが入社すると、大量の知識が失われます。Strobeなら的確な回答がすぐに得られるため、過剰なリソース需要の原因を特定するのに必要な、正確かつ詳細なアプリケーションパフォーマンスデータが提供されます。インテリジェンス組み込み型の機能により、スタッフの専門知識や経験に頼る必要性が少なくなります。コンピュウェアの現代的なメインフレーム開発環境である、EclipseベースのCompuware Workbenchとの統合は、最新のオープンな開発環境内で、現行のアプリケーション インスタンスおよび今後のアプリケーション インスタンスの両方についてStrobe測定を開始できることを意味します。

改修対象のパフォーマンス問題を分析

Strobeは、チューニングが必要な重要な問題に対して詳しい分析を提供します。改修が簡単なパフォーマンス問題からCOBOL、DB2、言語環境およびファイル アクセスなどの主要カテゴリーに属する上位5つの問題まで、素早く問題を突き止めます。Strobeレポートには、SMFやRMFのデータも含まれています。BIRT(Business Intelligence Reporting Tool)を使用することで、システムが最も多忙な時期はいつか、またこのときに実行されているジョブは何かを示すレポートを簡単に作成できます。

アプリケーション パフォーマンス状況を測定しレポーティング

Strobeでは、バッチ、CICS、DB2、IMSなどの主なサブシステム コンポーネントのトレンドとサマリーを提供します。パフォーマンスデータは、Microsoft SQL Server、Oracle、DB2データベースに保存できます。BIRT(Business Intelligence Reporting Tool)を用いることで、提供されたレポートを表示したり、新しいカスタム レポートを簡単に作成したりして、さまざまな視点からデータを表示することができます。これにより、トレンドをトラッキングしたり、チューニングを行うのに最適な領域を特定したり、応答時間とCPU使用の問題を特定することができます。

測定内容と測定時期をプロアクティブに判断

Compuware AutoStrobeは、測定プロセスを予測可能かつ繰り返し可能にすることによって、生産性を高め、StrobeとiStrobeの柔軟性を高めます。再利用可能な測定リクエストを作成し、定期的な間隔で実行するようにスケジュールを設定することができます。さらにAutoStrobeでは、プログラムで異常な行動が発生したときに、プロアクティブにStrobe測定を開始することができます。サードパーティ コンポーネントの監視や他のカスタム アプリケーションでも、Strobeアプリケーション プログラミング インターフェース(API)を使用して、Strobe測定を開始することができます。また、AutoStrobeには、CPU消費の移動平均値と経過時間などの指標を使用して、パフォーマンス問題を自動検出するGlobal Batch Monitoringも含まれています。AutoStrobeは、許容範囲の閾値を超えたすべてのジョブ手順を自動測定しますが、Global Batch Monitoringは、以前のパフォーマンス データに基づいて、CPUと経過時間の閾値を自動設定します。CICSオンライン トランザクションに対する同様の機能により、トランザクションのパフォーマンスを監視し、問題が深刻化する前に、パフォーマンス問題に対するアラートを提供します。

Supported Subsystem and Database Environments

CICS
DB2
IMS
WebSphere MQ
CA IDMS
ADABAS/NATURAL
UNIX System Services

Supported Languages

COBOL
C/C++
PL/I
FORTRAN
CA Optimizer
CA Gen