リハビリテーション法第508条順守

コンピュウェア コーポレーションは、ソフトウェア ソリューションやプロフェッショナル サービスを通じて、生産性の最適化やアプリケーション ライフサイクル全体のコスト削減などのビジネス価値を提供します。 あらゆる規模のビジネスで急速に変化するニーズに対応するため、市場をリードするコンピュウェアのソリューションは、分散されたeビジネスやエンタープライズ ソフトウェアの品質を向上させ、インテグレーションを簡素化し、パフォーマンスを強化します。

コンピュウェア コーポレーションは、第508条の基準に準拠するよう努めています。

コンピュウェアは、Voluntary Product Accessibility Template(VPAT)をもとに、コンピュウェアのソフトウェア ソリューションがどのように米国建築および交通障壁基準遵守委員会の規定(連邦規則集第36編1194部)で定められた「Electronic and Information Accessibility Standards(電子および情報アクセシビリティ規格)」に対応しているか、米国政府機関やその他のお客様が判断するサポートをします。この規定は、特許法No. 106-246(2000年7月13日)によって改正されたとおりにリハビリテーション法の第508条(合衆国法典第29編第794d条)を履行するものです。

コンピュウェアの製品が第508条における個々の規定にどのように適合するかに関して、要約および詳細レベルの説明を各VPATで提供しています。 このリクエスト フォームを使用して、コンピュウェア製品のVoluntary Product Accessibility Templates(VPAT)をリクエストできます。

ご質問やご意見は、508admin@compuware.com(英語)までお送りください。